C-10立体-空間のデザイン

図工ランドメソッド

子どもの視点で,建物や環境をデザインをするカテゴリーです。「まめ吉くん」は図工ランドのモデュロールです 建築・環境デザインの事務所を母体とする図工ランドならではのカテゴリーです。ランド長の建築家としてのノウハウを投入して・・・

続きを読む

C-09平面-イメージデザイン

図工ランドメソッド

自分のあたまの中からひねり出す。 絵を描くときの発想やアイディア出しに焦点をあてたカテゴリーです。「イメージを形にする」という意味で「イメージデザイン」と図工ランドでは呼んでいます。心理学的には「絵は心の排泄物」といわれ・・・

続きを読む

C-08立体-しくみ工作

図工ランドメソッド

美術的要素と理科的要素を融合したカテゴリーです。 最近まで「造形あそび」と呼んでいたカテゴリーです。こどもたちの大好きな、あそびに力点を置いたカテゴリーも作ろうというねらいです。名前を「しくみ工作」と変えたのは、遊びとい・・・

続きを読む

C-07平面-おえかき力向上

図工ランドメソッド

絵を描くコツ? そういったものがあればよいのですが・・・,図工ランドではこれまで模索してきて,少しわかってきました。 絵を描きたい気持ちをサポートするカテゴリーです。中にはぐんぐんぐいぐい、いくらでも描ける子もありますが・・・

続きを読む

C-06立体-形のイメージ

図工ランドメソッド

むずかしいこと抜き! 面白いもの,ヘンテコなもの,びっくりするもの,あやしいもの,きれいなもの,おいしそうなもの・・様々なイメージを手で考えて立体の形にします。 このカテゴリーは、立体の純粋芸術のカテゴリーです。「絵画」・・・

続きを読む

C-05平面の基礎造形

図工ランドメソッド

色にまつわるルールを実際の作品づくりに活かしたり,抽象的パターンに子どもらしい具象的な要素を入れた平面の構成など。ゲーム感覚で,平面におけるモダンデザインの基本作法を身につけることをねらいとしています。 色彩の理解を深め・・・

続きを読む

C-04立体-「もの」のデザイン

図工ランドメソッド

身のまわりにある「もの」全て誰かがデザインしたものです。 以前はプロダクトデザインと呼んでいたカテゴリーです。インダストリアルデザイン、工業デザイン、生産デザインなどと呼ばれることもある、デザイン界の王道の領域です。「口・・・

続きを読む

C-03平面-写生おえかき

図工ランドメソッド

『ものをよく見て、描こう。』という写生は、絵を描く力の土台になります。 美術系大学を受験した人間は,デッサンすることは実技試験にあったりするので,写生は「苦行」と思ったりしていますが,子どもは意外に「自由に描こう」という・・・

続きを読む

C-02 立体の基礎造形

図工ランドメソッド

カリキュラム編のカテゴリートップバッターは立体の基礎造形。 幾何学的な面白さ,形の成り立ちなどを,実際に手でつくって体感する。 線材,面材,直方体・・など,毎回異なる種類と基本形の材料を扱います。立体の「かたち」をデザイ・・・

続きを読む

C-01 カリキュラム編-全体

図工ランドメソッド

図工ランドは課題が命。本科クラス課題づくりの考え方を開示します。 ここからは図工ランドメソッドの核心,カリキュラムについて述べていこうと思います。 具体的に、どんなことをこどもたちにやってもらおうかを考える際に、まず幅広・・・

続きを読む

A-03 経歴1—モラトリアムな芸大時代。自ら考え,創作することの大切さを学ぶ

図工ランドメソッド

図工ランドメソッドの背景を理解していただくために,はずかしながら,ランド長木村明彦の経歴を披露します。 スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大学での伝説的なスピーチ風に言えば,図工ランドにつながる1つめの「点」は,私が・・・

続きを読む